Ruby on Rails チュートリアルの 「4.4.5 ユーザークラス」 を読んでいるときに気になるところがありました。 これは、 ファイルに定義された クラスのインスタンスを作ってみよう!的なお勉強で、そのクラスを読み込むために Rails コンソール上で を実行したときの出力です。気になったのは、 の戻り値が になっているところ。 あれ? の戻り値は true / false じゃないの? 実際、手元の Rails コンソールで実行したときの結果は、 となっています。いったいなぜ? require が真偽値ではなく array を返す は モジュールで定義されているメソッドです。その仕様は、 どう読んでも を返すようにしか見えません。ではバージョンの違い?いや、 そういうことでもない ようです。 読んでいた Ruby on Rails…

READ MORE >>



今日もやっぱり書くことがないので、このブログ自体の記事になります。 ブログに掲載する写真は Graphic Converter を使って加工しています。加工しています…いや違うな、加工するつもりでいます。そういえば写真なんていままでひとつもなかったんでした。 GraphicConverter GraphicConverter は Lemke Software 製の画像編集ソフトです。最初に使ったのは Mac OS 9 の頃だったので、もう 15 年以上使っていることになりますね。他のソフトを試してみても、結局最後はコイツを使う、的な頼れるやつです。 ブログに写真を載せるときにやること ブログに写真を載せるとき、普通は事前にこんなことをやると思います。 画像の最適化 (ファイルサイズの圧縮、画像サイズの縮小) メタ情報の削除 (EXIF など) このブログは Middleman を使っていて、そういった気の利いたことを自動でやってくれたりはしないので、自分でどうにかする必要があります。 Middleman には middleman-imageoptim…

READ MORE >>



さて、書くことがないので、またこのブログ自体に関する記事になります。 このブログは middleman-blog を利用して作っていますが、middleman-blog はサマリの生成に Nokogiri を使用しています。 嗚呼、Nokogiri よ、無数の刃を持つ板きれの名を与えられたものよ、わたしはあなたが恐ろしい。bundle install であなたが吐いた赤い字を見るのが恐ろしい。公開環境にデプロイしたら、当然のような顔をしてあなたが転んでいた。嗚呼、Nokogiri よ、わたしはあなたが恐ろしい。 もちろん、便利に使わせてもらっていた手前、あまり dis りたくはないのだけれど、それ以上に困り果てたことも多かったので、依存関係に Nokogiri の名を見た瞬間に思わずこんな詩を編まずにはおれない気分になってしまいます。なので、もし Nokogiri なしで構築できるならそうしたいところ。先に書いたとおり、middleman-blog で Nokogiri…

READ MORE >>


FIVETEESIXONE

TICA

November 02, 2014

Kinasse というお店で、 TICA のライブ PA をやってきました。 自分のライブでカフェやバーとかで演奏するときには音響までやっちゃうことも多いんですが、PA 専任で、かつプロとして活躍されている方を担当するのは初めてのことだったので、「こんな経験と機材でいいんかね…」と少し思ったものの、とにかくあるものでやれるだけやりました。 最初はアナログ卓を使うつもりでしたが、楽器の接続に DI をかまさないことや、普段ライブをやる会場ではないので、設備的に細かくコンプと EQ をいじる必要があるかも、という理由から Ableton Live の中でデジタルミックスする方針に変更しました。 途中いくつかトラブルはありつつも、セッティングは大体うまくいって、事前に想像してた以上にキレイに鳴る空間が作れたんですが、1 つどうしようもなくて困ったのは、演奏者からすると、A/D コンバートや DSP による遅延を限界まで詰めても、それがモニタリングや演奏に影響するレベルで感じとれてしまうことでした。自分なんか 10ms…

READ MORE >>



英語の技術書を読むという会に出席しました。 題材となっていたのは "Metaprogramming Ruby 2" で、これは日本語訳もされていた前の版がかなり面白く、更に随所で訳者の独特なセンスが光る不思議な本だったので、その最新の Ruby 2.0 / 2.1 対応版を原著で読むのはとても楽しみでした。 今日はもともと開催時間のすぐ直前に打ち合わせの予定が入っていたので、これは残念ながらスルーかねぇ、と思っていましたが、会場が渋谷近辺で歩いていける距離だったことと、その会場自体が結構気になる感じのところだったので、ちょっと遅刻になってしまいましたが出席することにしました。 会場は FUGLEN というところ。 行ってみると、ソファでゆったりくつろげるスペースになっていて、周りが外国人のお客さんばっかりなこと以外は、いわゆる渋谷の夜カフェ的な感じでリラックスして読書を楽しめそうなお店でした。そんな感じだったせいで、他の方がコーヒーなどを頼んで真面目に読書に向かおうとしているなかで、いきなり…

READ MORE >>



今日もブログに書くことは何にも思いつかないので、やっぱりこのブログ自体についての記事になりました。 このブログは Heroku でホストしています。サイトが単なる静的な HTML なので、最初は Amazon S3 に置こうと考えていましたが、そんなに容量がでかくなることもないだろうし、Heroku の無料枠で全然いけるんじゃねーかな、と思い直しました。 Middleman を Heroku にデプロイする Middleman は静的サイトジェネレータです。その生成された静的サイトを Heroku で動かすためには、以下の手順を行う必要があります。 デプロイしたときに静的ファイルを生成する 生成された静的ファイルをアプリケーションサーバーでサーブする デプロイしたときに静的ファイルを生成する Middleman は、以下を実行することで静的ファイルを生成します。 つまり、 でデプロイしたときにこれが動くようにすればよいですね。 静的サイトとはいえ Ruby のエコシステムを利用しているので、サイトは Rack…

READ MORE >>



こんにちは!ブログをはじめました。 とはいえ、何にもひとつも書くことが思いつかないので、このブログ自体についての記事にします。 このブログは Middleman を使って構築しています。 Middleman Middleman は Ruby 製の静的サイトジェネレータです。同様のものとして Jekyll や、それをベースとしたブログツールの Octopress がありますが、さっと調べてみて以下のような理由から Middleman を使うことにしました。 単純に Middleman の方が後発で新しい 開発も活発にされてるっぽい ドキュメントがいい感じ。日本語もある Middleman とブログ拡張の middleman-blog が同一のプロジェクト エクステンションやヘルパーが書きやすそう 特に…

READ MORE >>


OLDER POSTS